子育てサラリーマン世代の株主優待作戦

子育てサラリーマン世代の株主投資ブログです。家族が喜ぶ株主優待、高配当銘柄狙いです。時には趣味の話題も。

旅行

竜神大吊橋と赤岩展望台

更新日:

都道府県の魅力度をランキングで7年連続で全国最下位だった茨城県は今年は42位となりました。

私は県民ですが確かに知人に茨城県のおすすめ観光地を教えても「ひたち海浜公園」は知っている人も多いですが、その他はあまり知らない人も多いですね。

おすすめゴルフ場だったりすると結構都内からも近くていいところも結構あるんですけどね。

さて、先日茨城県の奥久慈にある「竜神大吊橋」に行ってきました。

コロナ禍のなか久しぶりのドライブです。

橋の長さは375mあり、歩道専用の吊橋としては日本最大級の長さを誇ります。

この橋では日本一高い100mバンジージャンプも行えます。

さて、日立南太田ICをおりてから竜神大吊橋へ向かって車で山道を上っていくと無料の第一駐車場に着きます。

7時ころ谷田部ICから高速に乗ってから8時30分過ぎに到着。第一駐車場もガラガラでした。

吊橋の入り口で料金を払って橋を進みます。OPENしたばかりでまだ殆ど観光客がいません。

途中にガラス越しに橋の下を見れるところがありますが、高所が苦手な方は脚がすくみそうです。

橋の真ん中ぐらいにバンジージャンプの入り口があります。竜神バンジーに結構チャレンジされている方がいました。私も若い頃ニュージーランドの橋の上からバンジージャンプをしたことがありますが、同じような風景だったので懐かしい思い出がよみがえりました。

竜神バンジーの料金は17000円です。興味ある方は1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

吊橋を往復してからまだ時間があったので竜神大吊橋が見下ろせる赤岩展望台まで行ってみることにしました。

展望台へは第2駐車場から1kmくらい登ります。

展望台への道はほぼ一本道ですが、あまり人が歩いていないのか、当日の一番手だったらしく、くもの巣だらけで虫が苦手な娘が悲鳴を上げます。

仕方なく私が棒を持ってところどころくもの巣を払いながら進みます。

あまり整備もされていなく、途中すれ違えないほどの狭い道もあるのでちょっと注意が必要です。

▼途中狭い道もあり

やっとのことで展望台につくと竜神大吊橋が一望できました。

ここからの景色はすばらしい。

ここに登ってくるまで文句ばっかり言っていた娘も少しは気がはれたようです。

ときおりバンジージャンプの掛け声が聞こえてきます。

東屋もあるのでしばらく休憩してからもと来た道も下ってきました。

結局展望台の往復で誰とも会いませんでした。あまり人気がないルートなのかもしれません。

このほかいくつかハイキングコースがありますので、次回はそちらも行ってみたいと思います。

■日時 10月3日(土) 晴れ
■アクセス 日立南太田ICから40分ほど (那珂ICからでも行けるようです)
■竜神大吊橋 渡橋料金(大人320円、子供210円。キッズカード等で割引あり)

-旅行
-

Copyright© 子育てサラリーマン世代の株主優待作戦 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.