子育てサラリーマン世代の株主優待作戦

子育てサラリーマン世代の株主投資ブログです。家族が喜ぶ株主優待、高配当銘柄狙いです。時には趣味の話題も。

DIY お役立ち情報 ライフスタイル ホビー

ダイニングテーブルを水性ウレタンニスで塗り替え-素人DIY

更新日:

20年以上使っているダイニングテーブルが熱で白く変色した部分が増えてきたので、夏休みを利用して天板の塗り替えをすることにしました。

うっかり熱いやかんや鍋のふたを置いて白く変色させてしまった経験はありませんか?

我が家のテーブルも白く変色した場所が多数。

一旦こうなると簡単には直らず毎日白く変色したテーブルを見ると気分がげんなりします。

一時テーブルクロスをかけていましたが、すぐずれたりするのでやはり木のままがいいですね。

しかし、ここまで塗装面が傷むと直すには一旦塗装を全てはがし、再塗装する必要があります。

塗りなおすにはそれなりに工具も揃える必要もあるのでテーブルを買いなおすことも考えましたが、工具を買っても塗り直したほうがはるかに安いという結論になりました。

家族の反応はというと、ほとんど日曜大工をしないのに工具まで揃えて大丈夫か?と抵抗感ありあり・・・。

私は多少失敗しても今よりは悪くならない(?)と説得して何とかチャレンジしました。

準備

  • ベルトサンダー:ウレタン皮膜を剥がすのにあったほうがいい。
  • オービタルサンダー:表面仕上げ用
  • やすり:#80、#150、#240、#400
  • 水性ウレタンニス(和信ペイント):渇きが早い
  • コテバケ
  • マスキングテープ

オービタルサンダーを持っている人はまずそれで試してみて、剥がせなかったらベルトサンダーを検討してみてください。

ベルトサンダーで古い塗装をはがす

まず古い塗装をはがす必要があります。

もともとのウレタン(?)の皮膜が結構厚そうで軽く紙やすりを当てた程度ではほとんど削れません。

思い切ってマキタのベルトサンダー(型名9911、吸じん装置付)を購入しました。

この9911は静音タイプで速度調整機能が6段階ついています。

音はもっと爆音を想像していたのでかなり静かに感じました。(後で使うオービタルサンダーの方がうるさい)

 

本当は屋外で作業したかったけど、外は連日猛暑でとても作業できる状況でなかったのでリビングで作業をしました。

粉塵を撒き散らしそうなのでできれば外で作業したほうがいいでしょう。

その代わり、花粉を集塵する空気清浄機をフル稼働して、さらにこまめに掃除機をかけました。

吸塵装置がついていてもそれなりに粉塵は舞うので、気になるところにはシートをかけたほうが無難です。

ベルトサンダーはパワーがあるので力をかけなくてもどんどん削れていきます。

さすがにここまでくるともう引き返せないので覚悟を決めます。

全面サンダーをかけたらサンディングベルトの番手を#80→#150に変えてさらにサンダーをかけます。(#150は本体に付属していたので使用。)

地肌がでてきれいになった天板。表面がきれいになったら木の香りがしてきました。

さらにオービタルサンダーで仕上げる

ここからはランニングコストが安いオービタルサンダーにチェンジ。

今回購入したのはBOSCHのオービタルサンダー。パンチの台も付属しているのでやすりに吸塵用の穴を開けるのも簡単です。

普通の紙やすりや布やすりが使えるので安上がりです。

#240→#400とあげてサンダーをかけます。

最近の電動工具はすごいですね。短時間できれいな天板になりました。

塗る前に表面をできる限りきれいにしておいたほうがいいと思います。

ここまで子供にも手伝ってもらいながら数時間経過。

水性ウレタンニスで塗装

さて、何で塗ろうかといろいろ調べたところ、乾くのが早くて評判がいい「水性ウレタンニス(和信ペイント)」で塗ることにしました。

近くのホームセンターに買い行きましたがあいにく小さい容量のものしかなかったので、Amazonで注文して翌日届いたので助かりました。

色はオールナットを選択。塗る回数は5回塗りを想定。

▼和信ペイント 水性ウレタンニス つやあり 0.7リットル

刷毛で塗るよりもコテバケで塗ったほうが簡単です。

コテバケ受けはちょうどいいのが無かったのでお肉のトレイで自作しました。

コテバケで木目に沿って1列ずつかけるとあっという間に塗り終わります。

1回目の塗り作業。まだ色は全体的に薄い感じです。

2時間ほど乾燥させてから、オービタルサンダー#400をかけます。

この塗り作業とサンダーがけ(#400)を5~6回繰り返します。結構根気の要る作業です。

途中からオービタルサンダーをかけるのを見ていた子供が面白がって手伝ってくれたので少し楽になりました。

塗るごとに色が濃くなり光沢もでてきました。

塗るときの注意点はなるべく塗りなおしをしないことですね。塗りなおすと余計に汚くなります。

下は6回目塗った後。(5回目でちょっと失敗があり予定より1回増えてしまった)

少し塗り跡は分かりますが、家族からOKがでたので終了としました。

初めてにしてはまずまずの出来だと思いますが、下地をもう少し丁寧に磨いたほうがよかったかなと思ったので次回の反省にしたいと思います。

これからさらに仕上げレベルをあげるにはもう少し修行が必要でしょう。

完全硬化には1週間程度かかるようなのでそれまでは重いものは置かないほうがいいですね。

さて、Before,Afterで比較してみましょう。

<Before>

<After>

「なんということでしょう~」とは家族の誰も言ってくれませんでしたが、Before Afterで比べると良く分かりますね。

Beforeの写真と比較すると見違えるほどきれいになりました。

木目も良く見えていい感じです。

写真ではきれいに見えますが、実は近くでよ~くみると素人ぽいとも散見されますがご容赦を。

これで気持ちよくダイニングテーブルで食事ができそうです。

素人でも工具と根気があれば、作業はそれほど難しくありません。

ほとんど工具とウレタンニスのおかげです。

せっかく道具を揃えたので、数年ごとに塗り替えようと思います。

今回使用した工具類

今回使用した工具や道具を整理しておきます。サンダーは必要です。

ベルトサンダー

天板のウレタンコーティングを全て剥がすならベルトサンダーが必要かと思います。

  • メーカー:マキタ
  • 型名:9911
  • ポイント:静音タイプ、速度調整有り、吸塵装置あり

安心のマキタ製。速度調整できるので、低速だとかなり静音です。

■サンディングベルト #80

オービタルサンダー

  • メーカー:BOSCH(ボッシュ)
  • 型名:PRO GSS23AE/MF
  • ポイント:低振動設計。電子無段変速。サイディングペーパーの装着が簡単・確実なイージーフィットシステム

パンチ台付でサンディングペーパーの穴あけが簡単。

水性ウレタンニス

  • メーカー:和信ペイント
  • 水性ウレタンニス(色:オールナット)
  • ポイント:高耐久・食品衛生法適合。90分乾燥。

このまま使えるので初心者にも扱いやすい。水性なので乾燥も速い。

コテバケ

広い面積をきれいに塗るのにはコテバケが便利です。

 

 

まとめ

汚らしくなったテーブルも塗り替えることで甦りました。

最近の電動工具は静かで使いやすく、今回初めての作業でしたが特に難しく無かったです。

長期連休を利用して、古くなったテーブルの塗り替えもしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

-DIY, お役立ち情報, ライフスタイル, ホビー
-, ,

Copyright© 子育てサラリーマン世代の株主優待作戦 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.